--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その0 画像サイズとインターレース

04:17

はじめに:
タイトルはアイマスMAD製作日記とありますが、その内容は動画製作初心者の自分が、こんな風に作りました、こんな失敗をしました……と、だらだらと製作過程を書き連ねているだけのものです。なので、読んでもそんなに面白いものではないと思います。
でも、これから動画製作をしてみようかなという人にとっては、ここに書いてあることが何かの役に立つかもしれないし、また、自分の制作方法に対して動画製作上級者から、こうしたほうがいいのではないかといった意見をもらえたらありがたいなぁと期待しつつ、これから製作日記を書いていこうと思ってます。



今回は、製作したMADではなく、最初にupしたノーマルPVについて書きます。






アイマスのMADの作成をしていくのにあたり、まずはノーマルPVでテストupすることにしました。
アイマスSPをやるために購入したPSP-3000はアナログ出力(S端子・コンポジット)にも対応していて、自分のPCはアナログ入力からmpg録画できるので、MAD作成に用いる素材はS端子入力でノーマルPVを録画したものを使っています。


録画したノーマルPVからmp4ファイルを作成した手順は、
1.MPG2JPGで、mpg画像の黒べたの領域をクリッピングして480×272のゲーム画面のみにした上で、AVI出力する。
2.作成したAVIファイルをAviUtlに読み込み、上下左右に黒べたを追加して(上下各8ドット、左右各16ドット)ニコニコ標準サイズ(512×288)にし、拡張x264出力でmp4ファイル作成。
(mp4ファイルの作成方法については、以下の動画らへんを参照してください)




今回はただのノーマルPVを作成しただけなのだけれども、いくつか問題が出たので、それについて述べていきます。


まずは画像サイズについて。
mpgの画像のサイズは720×480ですが、PSPのゲーム画面出力は480×272で固定らしく、録画してみると480×272のゲーム画面の周りに黒べたが付けられて720×480になっています。
今回はゲーム出力画面をそのまま残すために480×272のサイズの画面をそのまま残した上で、ニコニコ動画での標準サイズの512×288(16:9)にするために黒べたを追加しましたが、たてを2ドット削ると480×270で16:9となり、拡大して512×288するのに都合が良くなります(さらに言うならMAD-PVを作成するときに歌詞の字幕をカットすることを考えるなら、下2ドットを削るのが望ましいと思います)。
作った後で気づいたのですが、最初の黒べたカットのときに512×288にしても良かったですね…。まぁ、AVIファイルはちょっとしたものでも馬鹿でかいサイズになってしまうので、このやり方でも悪くはないと思いますが…。


次にインターレースについて。
上に示した手順でmp4ファイルを作成しましたが、見てみると画像がぼやけている…。最初はアナログ入力だからぼやけてしまうのかと思ったのですが、よく調べてみると、どうやらインターレースの解除の仕方がいけなかったのだということがわかりました。

インターレースとはなんぞやという説明はここではしません(というか詳しくは知らないのでできません。気になる人はググってください)が、インターレースの解除について述べていきます。
インターレースを解除していない画像は、横線が入ったものになってしまいます。

画像1枚目:インターレース解除なし
画像1枚目:インターレース解除なし


だからインターレースを解除するのですが、画像がぼやけたのは、MPG2JPGでAVIファイルを作るときにインターレースを二重化で解除したのが原因でした。

画像2枚目:インターレースを二重化で解除
画像2枚目:インターレースを二重化で解除


この問題を解決するのに少々手間取ってしまったのだけれども、結論から言えば、MPG2JPGで出力するときにはインターレースの解除をしないで、AviUtlでインターレース解除を自動でやればいい、とただそれだけのことでした。

画像3枚目:インターレースを自動で解除
画像3枚目:インターレースを自動で解除



…そんなこんなで、ただのノーマルPVをupするだけでも結構手間取ってしまったのですが、マイペースで楽しみつつ動画製作をしていきたいと思っています。

次回は、アイマスMAD1作目について書きたいと思います。

では。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。