--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その5 「ガンバレ」(2) ステージ背景演出

05:21

日記の更新が毎度遅くなってしまってスミマセン。
最近某麻雀アニメ某麻雀実況動画の影響で麻雀をやり始めてしまったので…。
今日も天鳳で打ったのですけど、新人三人(自分は現在1級)にフルボッコにされた挙句最後にダブロンで見事に飛ばされました…。


…えっと、話が思いっきりそれてるので本題に入ります。
今回は「ガンバレ」のステージ背景演出について書いていきます。

この演出をするにあたり、今作で初めて「抜き」を使いました。まずはそれについて説明します。

L4Uでは765comm@ndできれいにキャラクターを抜くことができるのですが、SPにはありません。ですが、SPの事務所モードで使える書き割り背景のうち、一部の背景を使えばある程度は抜くことができます。

製作日記5-2 ガンバレ書き割りブルー
水色の背景にに白い羽が舞っているのが特徴的な書き割り背景。今回はこのステージで抜きました

しかし、NiVEのキーイングではきれいに抜くことができません。そこで使ったのが、nukIM@S-2です。




下がnukIM@S-2で実際にキャラクターを抜いてみたものです。

製作日記5-2 ガンバレnukimas10-30-100
上から類似性10,30,100

上の画像を見てもらえばわかるように、類似性を100にしても、完全にきれいに抜くことはできません。というか、値を大きくすると目まで抜けてしまいます。しかし今回はあえて、目まで抜けてしまったものを、目の部分だけ補正する形で使いました。
具体的には、目の部分だけ外マスクで切り取ったものを、目が抜けている素材の下に敷くことで、抜けた目の部分を補正しています。詳細は上に挙げた動画の中で詳しく説明されているので、そちらを参照してください。

製作日記5-2 ガンバレ目補正
多少抜けすぎてしまうところがあっても、こんなやり方で補正できるんですね…。このやり方を上に挙げた動画で知ることがなければ、SP素材で抜きを使うことはまずなかったと思います



続けてステージ背景演出について説明します。
まずは左右に分かれる書き割り背景について。
ノーマルPVでは、アイドルが映りこんでしまうので当然書き割り背景のみの画像を得ることはできません。ではどうしたかというと、

製作日記5-2 ガンバレオプションステージ選択
オプション画面の意外な利用法

SPのオプションでのステージ選択の画面で表示される画像を使いました。
画像サイズが小さいので拡大するとぼやけてしまうのですが、それはどうにもならないので目をつぶりました(おい)。


このようにして用意した書き割り背景とキャラクターを抜いた映像、さらに奥に隠れている大ステージの映像を使って、以下の画像のように書き割り背景が左右に分かれていく演出を作りました。

製作日記5-2 ガンバレOpenGL.JPG
キャラクターだけの透過AVIと大ステージ画像の間に、左右半分ずつの書き割り背景をはさんでそれを左右に動かして、奥のステージが現れるように見せています。ちなみにこの画像を作るために、はじめてNiVEのOpenGLを使ってみました

抜いた素材と一番下の大ステージの画像は、同じカメラアングル(up正面)で1フレームもずれないように合わせています。それでも目や口の動きなどがずれるところがあったので、そこはなるべく目立たないようにごまかしました。
あと、上の画像では省略してますが、nukIM@S-2で抜いたときに抜けすぎて削れてしまった肩の部分を補正するために、マスクで抽出した肩の部分のみの画像をずらして重ねています。


上のようにしてステージ背景演出をやったのですが、この演出の部分は今作の製作の一番初めに(仮組みよりも先に)作りました。これができなければ今作は没にするつもりだったのですが、なんとか公開できるぐらいのものができてよかったです(苦笑)。



以上、今回はこのような形で「抜き」をやったのですが、自分がSP素材でアイマスMADを作ろうと思ったときはまさか「抜き」の技術を使った作品を作るとは思ってませんでした。
自分が箱○ではなくてSPでMAD-PVを作ることにしたのには、「抜き」はそれなりの編集ソフト(AE,Premiere等)を使わなければできないものと当初は思っていて、「抜き」が使えない以上は、まずは箱○よりもSP素材を使って作っていったほうがいいだろうと考えていた、という理由がありました(理由はそれ以外にもありますが)。
しかし、nukIM@S-2を使えばなんとか「抜き」ができそうなので、これを機会にそろそろ箱○素材を使ってのMAD作成を考えようかと思ってます。今すぐというわけにはいきませんが。


また、今作でのトランジション処理はNiVEのマスク機能の使い方をこの演出の作成で覚えたので作ることができました。それについてはまた今度この日記で説明します。…ていうか、この機能を知ってたら、前作はもっと手間をかけずに作れたよぅ(涙)。何で今まで知らなかったのか、少し悔やまれます…。


次回はちょっと脇道にそれて、事務所モードでのオーディションについてまとめようかと思います。

では。


(5/31 文章の一部を訂正)

スポンサーサイト

製作日記 その5 「ガンバレ」(1) 演出

04:48

先日upした5作目



について書いていこうと思います。
今作の製作日記では、先に演出の内容やその目的を述べた上で、後日演出の技術的なことについて説明しようと思います。




今作を製作する上での目的は主に二つありました。

一つ目は、やよいにこの歌を歌ってほしかったというごくごく単純な理由です。
この曲、聴いてもらえればわかりますが、聴いているこっちが恥ずかしくなってしまうくらいまっすぐな応援歌となっています。
五月になる前からすでに五月病にかかっていた自分(笑)がぜひともやよいがこの曲を元気よく歌っているのを見たかったという…(苦笑)。

二つ目は、「SP素材だからできること」をやってみたかったということです。
今までも、SPから追加された新曲の振り付けの積極的利用、縦画面の有効活用や手描き風エフェクトの使用など、いろいろと試みてみましたが、箱○ではできないけどSPならできることを何かやってみたいなと少し前から考えてました。それで思いついたのが、「ステージ背景の演出」です。詳しくは以下の演出の説明のところで述べます。


あと全体の方向性として、前作は結構いろいろなことをやったので、今回はシンプルなものにすることにしました。当初はもっと短いものにしようと思ったのですが、ステージ背景演出を入れるとなると短すぎるのもどうかと思ったので、結局前作と同じぐらいのものになりました。



それでは演出の内容とその目的について書いていきます。


まずはステージ背景の演出について。
SPの事務所モードで使用可能な書き割りステージですが、背景のボードが途中で途切れて裏の骨組みが見えているという、現実的で理にかなっているのだけれどハリボテ感がありまくりのものです。

製作日記5-1 ガンバレ書き割りステージ
書き割りステージ。何もここまで舞台裏を忠実に再現しなくても…と最初見たときに思ったなぁ

でも逆に、「このハリボテ感を逆に利用できないか」と考えてみて、それで書き割りが左右に分かれて奥に隠れている大きなステージを出すようにしたらどうかというアイデアが浮かんだので、今回このような形でステージ背景が変わる演出をしてみました。

製作日記5-1 ガンバレ書き割り分割演出
後ろの大きなステージが現れる演出。動画を見てくれた人の反応がそんなになかったのがちょっと残念

この演出をするにあたり、今作で初めて「背景抜き」をしたのですが、それは次回説明します。


次にトランジション処理の演出について。
今回はトランジションでもちょっとした演出をしています。

製作日記5-1 ガンバレトランジション6
半透明のカラーオブジェクトを使ったトランジション演出。これは6つ目の画面切り替え時のもの

切り替え前の画像の上に半透明の色をかぶせて、それを消していくのと同時に切り替え後の映像にシフトさせています。
このトランジションの方法は、現在放映中のアニメ「けいおん!」で使われているものを参考にしました。

このようなトランジションにしたのは、画面切り替えのためだけではなくて、

製作日記5-1 ガンバレトランジションまとめ
今回のトランジションまとめ。星が降り注ぐのはモリモリソザイよりお借りしたもの

上の画像のように、トランジションの回数を重ねるごとに半透明の色を一つずつ増やして、サビの「七色の空」と歌うところ、で七色の虹をトランジションで演出するためでした。

このような演出をしたのは、ステージ背景演出のある後半に比べると前半がちょっと物足りないものになってしまうので、何か前半の見せ場が欲しいなぁ、と思ったからです。

トランジション処理については次の次くらいに説明します。


次に衣装替え演出について。
ステージ背景演出に続けて最後のサビが始まるときに、やよいがかがんで一度体が画面外に隠れて、それから飛び上がるのと同時に衣装がトレーニングウェアからスクールウェアに変わっています。

製作日記5-1 ガンバレ衣装替え
衣装替え演出。紙吹雪はモリモリソザイからお借りしたもの

この演出をしたのは、トレーニングウェアは歌の前半の歌詞に合わせて選んだもので、見た目としては微妙なトレーニングウェアで最後まで通す必然性がなかったからというのと、ただ単にぜひとも制服姿のやよいにガンバレと言ってほしかったからという理由からです…。
また、ここでは紙吹雪の演出も使っていますが、これは衣装が変わるのに合わせて紙吹雪を吹き上げさせたほうが、衣装替え演出が映えるだろうと思ったのと、ここで使った「キラメキラリ」の振り付けでも紙吹雪が吹き上がっているのでそれと合わせるためという理由からです。
この演出はちょっと浮いてしまったかもしれないですね。


続けてこれは演出というわけではないですけど、舞台袖の「あれ」についても一言。

製作日記5-1 ガンバレやよクリ
やよクリは見た! …何を?


このステージを見たときの第一印象が「舞台袖、暗!」で(笑)、こんなに暗いと何かいるかもと思ったところから、ならやよクリをこっそり登場させてしまおうということで入れちゃいました。

ちなみに、やよクリの映像は以下の動画のものを使わせていただきました。ありがとうございます。



あと間奏の頭の「ぎたーそろ・かもーん!」について。ここの振り付けに使った「キラメキラリ」の間奏の長さが、「ガンバレ」のものと同じ尺で、しかも「ガンバレ」にもギターソロがあったので、これは入れるしかないと思って入れてみました。

製作日記5-1 ガンバレギターソロ
ぎたーそろ・かもーん!

これは以外にうまくはまってくれたのではないかと思ってます。



今作の演出についての説明は以上です。
次回はステージ背景演出の技術的なことについて書こうと思います。

では。

新作「ガンバレ」をupしました

06:59

新作のMAD-PVがようやくできたので、upしました。



今回作成した曲は、椎名へきるさんの「ガンバレ」です。
この曲は、へきるさんのシングル「この世で一番大切なもの」のカップリング曲で、シングルB面ベストの「b-side you ~B-SIDE COLLECTION~」にも収録されています。
確か進○ゼミ(確信が持てないので一部伏字で)のCMで使われてたと思います。

当初はやよいの誕生祭の動画として作ろうと考えていたというのは、ここだけの話…。


この動画の製作過程については、後日このブログに書こうと思います。

もう少しなんだけど…

05:05

次回作ですが、今の時点で約九割ほどできました。
できれば今日にでもupしたかったのですが、ちょっとした問題が発生してしまい、一部の演出方法を考え直さなくてはならなくなったので、完成は来週以降になりそうです…。

5月のアイマスSPのDLC

03:04

5月のDLC(5/13配信)ですが、なんと美希・響・貴音用のMASTER ARTISTの曲が配信されるらしいです(詳しくはhttp://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/sp/765shop/を参照)。
これで961プロの3人で作れるMADの幅が広がるなぁ。今のところこの3人でMADを作る予定はなかったけど、ちょっと考え直してみるかなぁ…。


それにしても、衣装に関してはもう少しMADに使えそうなものを配信してほしいなぁ…せめて私服ぐらいは配信してもらいたい…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。