--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その15 "Lost my music" (1)選曲・ダンスシンクロ等

06:09

とぉ~っても今更なのですが(汗)、upしてからもう4ヶ月以上たってしまっているハルカニ'10参加作その2



に関して書いていきます。
今回は演出以外のことについていろいろと。




以下、格納です。





▽選曲・アイドル・衣装選択
今回選んだ曲は、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌の"Lost my music"です(アニメでは確か出だしの部分だけしか流れなかったと思います…)。

この曲を選んだのは、去年のハルカニでもハルヒの曲(風読みリボン)で作ったので今年もハルヒ関連の曲にしよう、という安直な理由からなのですが(苦笑)、それとは別にもう一つ理由がありました。

実はとあるPのリスペクト動画にもするつもりでした。
曲はリスペクト元動画と全く同じにはしなかったのですが("Lost my music"ではない「もう片方の曲」と言えばお分かりいただけるかと)、アイドルを春香・千早・茶髪美希&Dance衣装(ラヴィアンローズ)にしたのはリスペクト元動画に合わせるためでした。被リスペクトP・リスペクト元動画は伏せておきますが、調べていただければ分かると思います…。

…がしかし、リスペクトするなら絶対に付けなければいけないアクセサリをつけ忘れるという大失態をやらかしてしまい、また動画の中身もリスペクトをかたるにしてはかなりお粗末なものと言わざるを得ない出来だったので、Pとして「まだ、その域に達していない」と判断して、今回はリスペクト動画扱いするのを自粛しました…。来年こそはリスペクト動画と言えるようなものを作りたいと思ってます…。


また、今回は曲編集をせずにフルサイズで作りました。
この曲は間奏のギターソロがとっても凄いことになっているので、1コーラスだけでいきなり間奏に入るとバランスが悪いと思い、下手に短くするぐらいなら原曲のままのほうがいいだろうということでフルにしました。



▽アスペクト比
動画の画面構成はアス比は16:7にしました。
横長のアス比にしたのは、見た目を引き締めるためというのと、カメラ(縦方向の移動)の自由度を増やすためです。

ただ、動画そのもののアス比は、上下に黒べたを追加して4:3にしています。

製作日記15-1 アス比
ステージ映像は16:7なのだが、動画としては上のように上下に黒べたを追加して4:3にしている

わざわざ黒べたを追加してこのアス比にしたのは、ハルカニ運営のほうから(生放送で流す都合上)動画サイズを512×384か512×288にするように指定があり、後者だとニコ動の16:9対応の新プレーヤーでの再生時に画質が残念なことになってしまい、そうならないように拡大せずに視聴してもらうためです。
ただでさえカメラを動かす(正確には素材を動かす)ために無理に拡大して画質が残念なことになってるので…。



▽ダンスシンクロ
今回のこの曲、BPMが200と、テンポがものすごく速いです。
一方、ノーマルPV曲でBPMの値が大きい曲となると、
"GO MY WAY!!"、「キラメキラリ」(BPM:180)
"I want"、「エージェント夜を往く」(BPM:178)

ぐらいで、"Lost my music"にまともに合わせられる振り付けがあまりなく、これ以外の振り付けをそのまま合わせようとすると高速シンクロになってしまいます。かといってBPMを無視して合わせるというわけにもいかないので、振り付け選びはかなり難航しました。

それでなんとか振り付けを曲のテンポに合わせるために考えた対処法が以下の2つです。

1つ目が、BPMの遅い振り付けをあえて使う
「蒼い鳥」(BPM:106)や"my song"(BPM:104)などのもともとスローテンポな曲だと、ちょうど"Lost my music"の半分くらいのBPMで、倍換算すれば実はけっこう相性のいい振り付けだったりします。
もちろん「速度的に」相性がいいというだけで、曲調的には微妙なところなので、なるべくAメロ・Bメロなどのゆるやかな振り付けでも大丈夫そうなところで使いました。

2つ目が、変則的な合わせ方をする。
以下、具体的に説明します。

今回、"relations"(BPM:142)の振り付けを多用してますが、ふつうに合わせようとするとダンス速度が140.85%になってしまって使い物になりません。
そこで、ダンス速度を"Lost my music"の200に合わせるのではなくて、その4分の3の150に合わせるということをしました(これならダンス速度を105.63%に抑えられます)。

簡単化のために1.2秒あたりの拍数(ナンダソリャ…)で考えると、BPM200は4[Beats per 1.2sec]、BPM150は3[Beats per 1.2sec]になります。
図示するとこんな感じ。(○が拍で×が休符;印1つが0.1秒)

BPM200:○××○××○××○××…
BPM150:○×××○×××○×××…

これだけ見ると全然合ってないのですが、これを伸ばしてみると…

BPM200:××○××○××○××××○××○××○××××○××○××○××××…
BPM150:×××○×××○××××××○×××○××××××○×××○×××××…

と、赤丸のところで拍が一致しているのがわかります。つまり、1.2秒ごとに拍が一致する、言いかえると曲の4拍ごとに拍の頭が合うということです。
この合わせ方なら、それなりに曲と振り付けが合っているように見せられるかと思います(振り付けにもよりますが…)。

製作日記15-1 relations振り付け
今回は"relations"や"9:02PM"(BPM:67.5)の振り付けを上のような方法で合わせている(一部例外もあるが…)


そんなわけで今回ダンスシンクロに関しては、なるべくBPMの値の大きい振り付けを使うのと同時に、上のようなやり方で合わせていきました。






次回は"Lost my music"の演出解説を書いていきます。なるべく早く更新できるといいなぁ…(遠い目)。


では。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。