--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その15 "Lost my music" (2)演出

21:31

ではでは引き続き



に関して書いていきます。

今回は演出解説をだらだらと。


超長文のため、以下格納。







まずは全体的なことに関して、それから各演出の解説を書いていきます。


▽構成
今作はハルカニ'10参加作で、レギュレーションで"ライブ風に"という指定がありましたし、選曲からしても方向性はダンスシンクロ系一択ですね。
とは言いつつも、フルで作るつもりだったので、ただダンスを合わせただけではあまり面白みがないということで、曲の1番は春香ソロで、それから千早・美希の二人を登場させてそれ以降トリオで行くという構成にしました。
このトリオにしたのは、前回の日記で書いた理由と、カメラワークの自由度を増やすため、それと間奏のギターソロの演出のためでした(詳しくは後述)。



▽振り付け選択
前回の日記でも書いたように、この曲はBPMが200という鬼畜な値なので、振り付け選びはけっこう難儀しました。
この曲で作ろうと思った時点で、サビ後半は"I want"や「迷走mind」の拍を取っている振り付けを充てることは決めてましたが、ほかはノーマルPV(自分はsudoPのlong視点のノーマルPVをローカル保存して使わせてもらっています。感謝。)とにらめっこしつつ徐々に決めて行きました。

また、振り付けを決める際には、サビや間奏は激しめのものを、Aメロ・Bメロは対照的に動きの少ないものという方向性で振り付けを決めました。
こうしたのは、前半から動きの激しい振り付けだと後半でばてちゃうでしょうと思ったからというのと、全体のバランスを考慮して構成的なメリハリをつけるため、あとは動きのあまりないものでも使えるものは使ってかないとタイムラインが埋まらないというお粗末な理由もあったりします…。



▽カメラワーク
ダンスシンクロ系といっても、ただダンスを合わせたというだけでは見ててもあんまりおもしろくないと思うので、今回はカメラワークに結構重点を置いて編集しました。

カメラワークを考える上で気をつけた点を挙げると…

・ダンスを見せたいところはmid視点(上半身)かlong視点(全身)で。
・歌詞とあまり合っていない等の理由で振り付けをあまり見せたくないときは、up視点で。
・口パクを見せたくないときはlongかsuperlong視点で。
・カメラはなるべく動かすようにする。
・振り付けを長回しで使っているところは、一定間隔ごとに視点を切り替えるようにする。
・振り付けが変わるところは不連続の違和感をなくすために、なるべく視点を変える、もしくは映すアイドルを切り替えるようにする。

…といったようなことに気をつけつつ、あとは勘でカメラワークを考えていきました。



▽演出
それでは曲の頭から演出解説をしていきます。


・序奏
入りはドラムの拍を取る音に合わせた振り付けを合わせています。

製作日記15-2 冒頭カウント
拍を取る音に合わせて、"First Stage"の指パッチンの振り付けを合わせている。強引に拡大して画質がかなり悪いが、これはこれで雰囲気が出てるのかも…?

それからギターの入りに合わせて「迷走mind」の序奏の振り付けを合わせています。…自分で言うのもなんだけど、ここまで合うとは思いませんでした…。

製作日記15-2 序奏入り
「迷走mind」の序奏を長回しで充てているだけなのだが…


・1番Aメロ
Aメロの入りはまさかの"my song"のサビラストの振り付け。ここに限らずAメロ・Bメロはダンスシンクロよりも歌詞に合わせたモーション・表情を選んでいます。

製作日記15-2 Aメロmysong俯瞰視点
「星空見上げー」という歌詞に合わせて、up俯瞰視点でカメラ目線にしている。実は結構お気に入りの演出

↓照明を星空の明かりに見立てていたりする…
製作日記15-2 Aメロmysong照明


Aメロ後半の振り付けは"relations"頼み。ダンスシンクロは前回説明したやり方で合わせてるのであんまりリズム的に合っているようには見えませんが、それでも"relations"の振り付けはマジ優秀!

製作日記15-2 Aメロ後半誰と
「だーれーとーっ」と歌っているところのこの憂鬱そうな表情が何とも言えない…


・1番Bメロ
振り付けは基本的に"9:02PM"で、歌詞に合わせる感じで付けてます。

製作日記15-2 Bメロ9乙
「さーみーしーくー」と歌っていr(ry

製作日記15-2 BメロMyBestFriend
"My Best Friend"の振り付け。♪し~っね、マッ!


・1番サビ
前半は"relations"(&"9:02PM")の振り付けで抒情的に歌いあげて、後半は"I want"の振り付けでリズミカルに。

製作日記15-2 サビreltions
"relations"の振り付けはホント優秀だわ…

製作日記15-2 サビ後半入り
"I still I still..."と歌うところは"I want"のこの振り付けでしょう。後半に入る前のカメラワークが特にお気に入り


1・2番間間奏
この動画の魅せ場その1。千早と(茶髪)美希の登場です。
最初からではなくここからトリオという構成にしたのは、1番と2番で差異を付けるため。

ここではBB素材を利用しています。いちおう技術的な解説を簡単にしておきます。

まずはタイムラインの下に春香の"I want"固定視点のステージ映像を置きます。

製作日記15-2 間奏1春香ステージ
"I want"の固定視点

次に千早のBB素材を春香の上に重ねます。

製作日記15-2 間奏1千早BB
春香の後ろを歩くようにするため、千早のサイズを気持ち小さめに調整

それから春香のBB素材をタイムラインの一番上に重ねます。

製作日記15-2 間奏1春香BB
春香のBB素材。これをステージの映像とずれないようにぴったり重ねる

製作日記15-2 間奏1合成後
合成後。これで千早が春香の後ろを歩いているように見える


・2番Aメロ・Bメロ
Aメロは「蒼い鳥」や「隣に…」の千早と美希が交差する振り付けを続けて使用。
ただ歌っているだけだとさすがにだれてしまうので、トリオだからこそできる演出をしてみました。

製作日記15-2 2番Aメロ交差
使っている振り付けが「蒼い鳥」や「隣に…」だと、こういう演出をしないとさすがにきつい…

Bメロは"relations"や「隣に…」の振り付けで歌詞に合わせる感じに。
ちなみに千早と美希は、ギターソロのところ以外はup正面視点は使っていません(upは左か右視点)。2人はあくまでバックダンサーとしての位置づけにしているので、映像映えするup正面視点は主役の春香のみです。

製作日記15-2 2番Bメロ美希
これはup左視点。千早と美希はバックダンサーということで、春香より目立たないようにup正面視点の使用は自粛


・2番サビ
振り付けは「迷走mind」。BPM的にはちょっと苦しい(速度調整131.58%)のだけれども、それ以外の点では超優秀な振り付けなので、動きがコミカルに見えてしまうところはup視点でごまかすなどして、ためらわずにガンガン使用してます。
また、ラスサビでも同じ振り付けを使っていますが、そこと差異をつけるために、ここでは3人同時に映るアングルを多用しています。

製作日記15-2 2番サビ斜め視点
3人同時に映るアングルを多用することで、ダイナミックに立ち位置が変わる「迷走mind」の振り付けを効果的に見せている

製作日記15-2 2番サビ後半
サビ後半は当然足で拍を取っている振り付けを使用


・ラスサビ前間奏
この動画における魅せ場その2です。しかし間奏が魅せ場って何か間違っているような気が…。

この曲で一番印象深いのは、間奏の超絶技巧によるギターソロでしょう。この部分をどうするかがこの動画を作るにあたっての一番の問題でした。それでいろいろ考えた結果、「高速画面切り替え」という形になりました。
この曲をトリオで作った一番の理由は、ここの高速切り替え演出をするためでした。

それで、切り替えの順番やカメラワークをランダムに見えるようなものにするために、あらかじめExcelでカメラワーク表を作成しました。

製作日記15-2 ギターソロカメラワーク表
(クリックで拡大表示)

表の記号の説明:
u: up正面視点
l: up左視点
r: up右視点
m: mid視点
long, slong: long・superlong視点
H: 春香
C: 千早
M: 美希
斜め4方向表示: 素材を動かす方向(カメラの動きはこれと逆になる)


上の表で4つのブロックに分かれていますが、それぞれ、

1ブロック目: ギターソロ前半 (2拍ごとの切り替え)
2ブロック目: ギターソロ後半の前半 (1拍ごとの切り替え)
3ブロック目: ギターソロ後半の後半の前半 (1拍で2回切り替え)
4ブロック目: ギターソロ後半の後半の後半 (1拍で3回切り替え)

となっています。上のようにギターソロの終わりに近づくにつれて切り替えスピードを上げています。
最初はギターソロ前半も1拍ごとに切り替えていたのですが、それだと見ているほうが疲れてしまうので自重しました…。

それと、

・up視点は斜め方向の移動のみ
・mid視点は拡大&斜め移動
・long・superlong視点は縮小(&確か横移動)

という編集の仕方をしています。

振り付けは高速切り替えに定評のある"THE iDOLM@STER"のサビと間奏のものを使っています。それにしたって1拍で3回も切り替えるのはやりすぎだったかも…(BPM200だし)。


・ラスサビ
基本的に1番・2番サビと同じ振り付けを使っていますが、ところどころ歌詞に合わせたりするために変えているところもあります。
また、カメラワークもなるべく変えるようにしています。とくに「迷走mind」の振り付けは、なるべく3人映るようにした2番サビ部分とは対照的に、こちらはなるべく春香が中心に映るようなカメラワークにしています。

製作日記15-2 ラスサビ9乙
"good night"と歌うところから…

製作日記15-2 ラスサビ迷走Bメロ
「迷走mind」のこの振り付けへのつなぎが、自分ではいい仕事ができたと思っている

製作日記15-2 ラスサビ迷走春香センター
ラスサビでは春香センターを意識したカメラワークにしている

製作日記15-2 ラスサビ目が逢う
「泣きたくなるのー」という歌詞に合わせたカット。これもうまくはまってくれたのではないかと…

製作日記15-2 ラスサビ迷走slong
「のーに↑ー」と歌っているところだが、superlong視点を使ったこのカメラワークは失敗だったか…。
ちなみに「迷走mind」はトリオでsuperlong視点は使えないので、ここではソロとデュオのsuperlong視点を強引に合成していたりする…


製作日記15-2 ラスサビラスト
ラスサビのフィニッシュ。最後の最後まで振り付けが決まらなかったのだが、「私はアイドル」のラストの振り付けがドンピシャではまってくれて一安心…








以上で演出解説を終わります。

曲のBPMが200で振り付け選びから難航しっぱなしでしたが、自分的にはそれなりのものになったのではないかと思っています(それでもまだリスペクト動画と銘打つところまではいきませんが…)。
来年もハルカニが開催されるなら、これを超える作品で(そして今度こそリスペクト動画と言えるぐらいのもので)参加したいなぁと思ってます。


ではでは。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。