--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その20「ね!」 (1)作品の諸設定等

05:23

とぉ~っても久しぶりな製作日記。
でも「止マレ!」はなんか全然書く気にならないので、先日upした



に関して先に更新しておきます。
一回で全部書くつもりだったけど、思ったより長くなりそうなので今回は演出以外の事をまとめて書いておきます。

以下格納先にて。

初動マイリス率10%への道のりが果てしなく遠い…orz




▽製作の経緯
今回は前作のハルカニ参加作「止マレ!」からあまり間を置かずに作ったのですが、当初は「止マレ!」を作る前に製作する予定でした。
というのも、アイマス2が発売して以来半年近くPV動画を作ってこなかったので、「止マレ!」を作る前にまずは軽いリハビリ動画的なものを作っておきたかったのと言うのと、midカメラの視点が増えたS4U素材の扱いに慣れておきたかったと考えてたからです。…でもそんな余裕なんてどこにもなかった\(^o^)/

それとあまり間を置かずに作ったのには、「止マレ!」が数字的にも内容的にもふがいないものになってしまったので、そのやるせない気持ちをもう1本動画を作ることで晴らしたかった、という若干後ろめたい理由もあったりします…。



▽選曲・曲編集
曲は、SNKの格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS '94」の、イギリスステージBGM「ね!」のアレンジVer.です。
数ヶ月前、何だか無性にKOFのBGMが聞きたくなって、ニコ動にupされているBGM集を聞いて、その時にこの曲で作ろうかなぁと思ったのがきっかけです。
その後、ハルカニ動画の前の小作にはこの曲がもってこいだと思い、この曲で製作したという次第です。
いくらなんでもマイナー過ぎかなぁとも思いましたが、コメの反応を見る限りではそうでもなさそうでしたね。

また、アーケード版のオリジナルではなくてネオジオCD版のアレンジヴァージョンにしたのは、単にこちらのほうが動画として作りやすいからという安直な理由からです。アーケードやテレビCMで流れたオリジナルもいい曲なので、興味がある方はニコ動にBGM集がupされていますのでそちらをぜひ聞いてみてください。


曲編集に関しては、けっこう悩みました。
原曲は3分40秒ぐらいあり、インスト曲で3分越えはちょっときつい、また最初は上にも書いたとおりリハビリ動画的な小作にするつもりだったので、1コーラス+ドラムソロだけで作るつもりでした。でもそれだとドラムソロに入る前がさすがに短すぎるかなぁと思い、またハルカニ動画を先に上げたので、小作ではなくてある程度きちんと作ろうということで、結局2コーラス+ドラムソロの長さにしました。
全体のバランス的にもこの長さが一番適当だったと今では思ってます。



▽アイドル・ステージ・衣装選択
今回は真・響・雪歩のトリオで作りました。配役は動画へのコメントにあるとおり、
キング=真
舞=響
ユリ=雪歩
です。
キングは真一択だし、舞は黒髪ポニテの響が適任でしょう。問題はユリ役ですが、これはアイドルの中で一番「ハ○嫌い」と言いそうな雪歩でいいやーと、けっこうテキトーな決め方だったりします(スミマセン…)。
ちなみにPV動画として3作連続で真と雪歩を使っていますが、これは別に意図したものではなくて全くの偶然です。
それと真の動画はこれまでほとんど作ってこなかった(PekoeCMの動画を作るときにようやくL4Uの真使用の実績が解除されたというぐらい(汗)な)ということもあり、そろそろ真メインの動画を作ろうかなぁと思っていたところだったので、ユリ役の雪歩ではなくてキング役の真をメイン(1st)にしました(イギリスチームの中でも実力的にはキングがトップだろうし(もちろん人によりけりでしょうが…自分もイギリスチームでプレイするときは舞を大将にしてましたし))


ステージは、KOFのイギリスステージの青空をイメージして、気球ステージ(正式名称忘れた)にしました。気球ステージにも2種類(気球が暖色系か寒色系)あって、どちらにするかちょっと迷いましたが、鮮やかな色の暖色系だとアイドルよりも目立ってしまうし、背景は青系の色で統一したほうがいいかなぁと思い、寒色系の気球ステージにしました。


衣装は、イギリスチームの3人からして見事にばらばら&特に合う衣装というのも思いつかなかったので、無難にDance衣装にしました。黒い色の衣装にしたのは、あまり目立つ色にしないでなるべく青空が映えるようにと考えてのこと。この色にしたのは結果的にはよかったのかなと思います(奇抜な演出故に画面に占める割合が多くなってしまった黒枠部分との相性的な意味で)。しかし、雪歩のDance衣装がスカートというのは、(防御力的な意味で)どうなんだろう…。


製作日記20-1 long画像
上の説明を簡潔に表すとこんな感じ。せっかくの開放的な青空の映えるステージなのに奇抜な演出がそれを…



▽振り付け選択
今回用いた振り付けは、"Little Match Girl"と"Kosmos, Cosmos"の2曲のみです。
この振り付けにしたのは、単にBPM的な問題から。
「ね!」のBPMは137.95で、振り付けに使った2曲はそれぞれ135と132です。
曲のBPM<振り付けのBPMだと、速度を合わせる(=振り付けを遅くする)ときに同じ画像が水増しされ、その状態でカメラを動かす(=素材を移動させる)とアイドルの体が動かないのにカメラが動き、それがかなり違和感を感じる見え方をするので、原則として曲のBPM>振り付けのBPMとなる振り付けの選び方をしています。…というか消去法でこの2曲しかないんですよね…ゲームの性質上BPMが早めの曲が多いので(苦笑)。

また、前作「止マレ!」では振り付け選択の段階で地獄を見たので(苦笑)、今回は何も考えずに同じ振り付けの長回しと最初から決めてました。別の振り付けに切り替わる箇所でも、アイドルの立ち位置の整合性(いきなり左右のアイドルの位置が逆転している等)は確信犯的に無視しましたー(のヮの)…まぁ、カメラ視点の切り替えである程度はごまかしてますが…。

序奏から1コーラスは"Little Match Girl"をそのまま長回し、2コーラス目は"Kosmos, Cosmos"を一部順番を入れ替えて、ドラムソロのところは"Little Match Girl"のサビを、終奏は"Kosmos, Cosmos"の終奏で締めました。
振り付けに関してはうまくはまってくれたと思ってます。…というか1コーラスの長さだったら、"Little Match Girl"のAUTOカメラのみの長回しでふつうに作れてましたね…。

素材のキャプチャに関しては、カメラワークを考えるのが面倒だった(これも前作でいやというほど苦しめられた…)ので、編集を始める前に、
{(up×4視点+mid×4視点)×3人+long}×2曲+α(録り直しとサムネ用)
の全50(+α)本を先に録りました。
結局使わなかったのもありますが、録り直しの作業が無い&思い通りのカメラワークで作れる分、編集作業はスムーズに行えたかと思います(キーフレームとの格闘で時間はかかってますが…)。







次回は演出について書いていきます。

では。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。