--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 番外編その1 事務所モードでのオーディション

16:15

今回はちょっと趣向を変えて、「ガンバレ」の素材録りのために調べた事務所モードのオーディションについてまとめてみます。


-----------------------------目次-----------------------------

1. 事務所モードで使える書き割り背景

2. オーディションとステージとの関係
・オーディションの種類
・ステージとそれに属するオーディション

3. オーディション攻略法(?)
・思い出アピールを使うタイミング
・ダブルアピール・トリプルアピールの有効活用
・「歌姫楽園」攻略法

----------------------------------------------------------------


ものすごく長くなってしまったので、以下は格納で。




1. 事務所モードで使える書き割り背景

事務所モードでのオーディション後のTV出演で使える書き割り背景は、全部で17種類あります。

製作日記番外編1 書き割りステージ
事務所モードで使える背景一覧。「RANDOM」はTV出演時の書き割りがランダムで選ばれる

ステージ設定を「NORMAL」にしたときのステージについては、次節で述べます。


2. オーディションとステージとの関係

・オーディションの種類
事務所モードで受けられるオーディションは全部で19種類あります。
オーディション名の色は、すぐあとのステージ画像と対応させています。

○E・Fランク限定オーディション
HOP JAM踊っていいとも?おもいッきりアイドル歌ウンジャTOWNNEW BE@T

○全国オーディション
IDOL VISIONLOVE LOVE LIVE!Dancing BombRHYTHMIX発掘!アイドル大辞典

○特別オーディション
Special1: Vocal masterDance masterVisual master
Special2: 歌姫楽園カラフルメモリーズLONG TIME
Special3: ルーキーズTOP×TOP!HIT-TV


・ステージとそれに属するオーディション
実は受けるオーディションによってTV出演時のステージは決まっています(オプションのステージ設定を「NORMAL」にしておく必要あり)。それを以下にまとめておきます。

HOP JAM、踊っていいとも?、ルーキーズ
製作日記番外編1 亜美ステージ
オーディションは簡単に勝つことができるけど、その分ステージは小さめ

おもいッきりアイドル、歌ウンジャTOWN、NEW BE@T、TOP×TOP!
製作日記番外編1 伊織ステージ
ここもステージは小さめ

Dancing Bomb、RHYTHMIX、発掘!アイドル大辞典、HIT-TV
製作日記番外編1 真ステージ
金網ステージ。使いどころが難しそう…

IDOL VISION、LOVE LOVE LIVE!
製作日記番外編1 あずさステージ
広いステージのわりにオーディションの難易度はそんなに高くない。見た目的にかなり地味なのが欠点か

Vocal master、Dance master、Visual master、カラフルメモリーズ、LONG TIME
製作日記番外編1 美希ステージ
このステージを使うオーディションの数は、実は一番多かったり。オーディションの難易度はかなり高め

歌姫楽園
製作日記番外編1 千早ステージ.JPG
個人的に一番お気に入りのステージ。歌姫楽園でしか使うことができません

上にまとめたのを見てもらえばわかるように、大きくて豪奢なステージになるほど、オーディションの難易度が高くなっています。
ちなみに、オプションで書き割り背景を選んでいると、受けるオーディションの種類に関係なく、背景ボードだけがちがうステージになります。ですので、書き割り背景ステージを使うときには、難易度の低いオーディションを受けるようにしましょう。


3. オーディション攻略法(?)
攻略法といっても、ただ自分はこうやっていますというのを書いているだけなので、あくまで参考程度に。

・思い出アピールを使うタイミング
一回のオーディションで計3回使える思い出アピール(通称「ボム」)は、GOODを出せばすべてのパラメータに点数が入る上、審査員の興味も少し回復できる反面、BADを出すと点数が引かれる上に審査員の興味まで減ってしまうという、いわば「諸刃の剣」です。
自分は目押しが苦手で3回に1回はBADを出してしまうので(苦笑)、少しでもリスクを減らすために、各審査の1回目に思い出アピールを使っています。

製作日記番外編1 響BADアピール.JPG
ボムを初っ端から使うの図。しくじってもポイントがマイナスになることはない。響ごめん…

1回目で使えばたとえヘマしても点数が減ることがないので、残り8回でどのパラメータにアピールを振り分けていくか考えることができます(流行1位を捨てて2・3位で☆を獲得していくなど)。


・ダブルアピール・トリプルアピールの有効活用
「ガンバレ」の素材録りのときに偶然気づいたのですが(説明書にはちゃんと書いてありました)、プロデューサーレベルがある程度上がっていればダブルアピール・トリプルアピールというものが使えます。
これらのアピールをすれば、一度のアピールで2つもしくは3つのパラメータに同時にポイントが入ります。しかし、ダブルアピールは通常のアピールと比べて値が2分の1、トリプルは3分の1になります。
これらのアピールは、ふつうの(シングル)アピールと比べていくつかメリットが考えられるので、3つほど以下に挙げておきます。

1つ目は、ダブルアピール・トリプルアピールのほうがシングルアピールよりも少しだけポイントが高くなるということです。
ダブルは2分の1、トリプルは3分の1になりますが、シングルアピールのポイントが割り切れないときには小数点以下は切り上げになります。

製作日記番外編1 春香シングルアピール
シングルアピール。普通と言わないで…

製作日記番外編1 春香ダブルアピール
ダブルアピール。2ヶ所同時にアピールできるけど、ポイントは半分(小数点以下切り上げで、SAより1ポイント多くなっている)

製作日記番外編1 春香トリプルアピール
トリプルアピール。すべてのジャンルにアピールできるけど、ポイントは3分の1(小数点以下切り上げでこちらも1ポイント多くなっている)

シングルアピールの値が128ポイント(最大値)のときは3で割り切れないので、すべてのアピールでトリプルアピールを使えば、シングルアピールのみのときよりも27ポイント高くなります(実際には思い出アピールを3回使うので24ポイントになりますが)。

この記事の作成のついでに、なんとなくオーディションの獲得ポイントの最大値はいくつだろうと気になって調べてみたのを動画にして上げてみたので、興味があれば見てみてください。


(追記)実は思い出アピールにもジャストアピール(JA)があるのを、動画のコメで知りました。コメントしてくれた方、ありがとうございます! 修正版をupしたので、この動画は削除させてもらいました。



オーディションをやり直して、なんとかすべてJAで記録を出せたので、upしなおしました


2つ目のメリットは、パラメータ間の微調整ができるということです。特にアイドルの能力値に偏りがあるときなんかは、ポイントが特定のパラメータに偏らないようにするために重宝します。

製作日記番外編1 律子パラメータ
DaとViのダブルアピールでポイント調整をするの図。素材録りのときは衣装やアクセサリーは見た目で選んでいるので、パラメータは偏りがち

3つ目のメリットは、一度のアピールで2回や3回アピールできたほうがオーディションを楽しめるのではないか、ということです。
素材録りのオーディションになると、どうしても単調な作業に陥りがちなので、こういう要素があれば少しでも楽しみながらできるかなぁと…。
ちなみにダブルアピール・トリプルアピールでも、点滅の明るいときにボタンを押さないと取得できるポイントが小さくなってしまうので、そこだけ注意しましょう。


・「歌姫楽園」攻略法
「歌姫楽園」のステージは、このオーディションでしか使うことができません。拙作「ガンバレ」の素材録りの際に、Lv8のやよいでこのオーディションの1位を取るために、いろいろと試行錯誤をしてました。せっかくなのでそれをまとめてみました。

まずはこのオーディションの特徴を箇条書きでまとめてみます。
 ・参加者のレベルにバラつきがある
 ・最下位だと☆が-3になる
 ・覇王エンジェルが参加することがある
このオーディションはとても難易度が高いイメージがありますが、参加者のレベルが7から15とバラつきがあるので、プロデュースしていないLv9程度でも実はそれなりに勝てます。Lv8のやよいで受けたときには勝率60%ぐらいでした。

続いてこのオーディションの攻略法を。
まず心がけなければならないことは、各アピールで最下位だけは取らないようにすることです。歌姫楽園は各審査で最下位だと☆が-3になるので、どのパラメータも一定以上の値を取るようにします。もし思い出アピールでBADを出してしまったときは、3位以上は狙わずに各パラメータの値を均等に獲得するようにします。6位を基準にして考えれば、4位・5位は☆3つ獲得するのと同じ意味合いがあるので、6位回避を第一に考えましょう。

製作日記番外編1 やよい審査結果
歌姫楽園の特殊ルール。☆-3はかなり痛い…

いくら6位を取らないようにするためとはいっても、どのパラメータも同じようにアピールしていると全然☆が獲得できないこともあります。
もし3回ある審査の1回目で審査員の興味が半分以下になっていたら、その審査員は退席するものと考えて他のパラメータにアピールしていくのも一つの手です。

また、たまにLv15の覇王エンジェルがオーディションに参加してくることがあります。こいつが出てくると勝率がガクンと下がりますが、決して勝てない相手ではありません。☆は3位でも1位と同じ数がもらえるので、一つのパラメータに集中してアピールするのではなくてすべてのパラメータで3位を取れるようなアピールをする、思い出アピールでBADを取ってしまったときはアピールポイントを1つに絞って他は最下位を取らない程度のポイントに留める、といったことを心掛けていけばいくらか勝率を上げられると思います。
…まぁ、それより何より、覇王エンジェルが出てきたときは、オーディションを楽しんじゃいましょう! 低レベルで高レベルの相手に勝つのは、難しいからこそ面白い!

製作日記番外編1 やよいオーディション合格
覇王エンジェルに勝った瞬間。こういうときに限ってTV出演でアクシデントを出してしまったり…



以上、事務所モードでのオーディションについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。
オーディションは、特に素材集めなんかになると単調な作業になりがちなのですが、上の記事で少しでもオーディションが楽しめるものになればいいなぁとおもいます。


ちなみに、今回の記事の画像に出てこなかったアイドルで(真美除く…というか事務所モードでは使えないみたいorz)、次回作を作ろうと現在構想中です。upするのはかなり先のことになりそうですが…。

次回の日記は「ガンバレ」のトランジションの技術的なことについて書いていこうと思います。

では。



(6/7 記事の一部を修正)


コメント

  1. たろう | URL | -

    ステージ、歌姫楽園だったのか・・・ビビッてVocal masterばかりで
    撮影していたオレ涙目(TT)
    思い出アピールにもJAとか・・・知らなかったwww 解説GJすぎる!!

    「ガンバレ」については、カラフルなトランジション、抜きによる背景切り替えが
    とても印象的でしたね。 SP抜きなんて個人的には謎の技術ですからねww
    上記2点がメインですが、歌詞の動きも動画のコミカルさを演出してる感じで、
    見ていて面白かったです。。。
    どの演出も一つの動画を作るのに統一された方向性っていうのが見えるので、
    多分ステージ(動画)全体を作るのが上手なんだなって思いました。。。
    (私ももっと見習うべきすぎる・・・)

    そして”ボロボロのシューズで”っていうところで、
    つい新しいシューズを買ってあげたくなった私は、
    いい加減P失格だと思うんだ orz

  2. 藪柑子 | URL | SZGktgZg

    コメント、どうもです。


    思い出アピール(ボム)のJAは、自分も全く気にかけてなくて、upした動画のコメで初めて知りました。それでボムもJAになるように録りなおしたのですが、ものすごい苦労しました。まさかアイマスのオーディションであんなに緊張を強いられながらプレイするとは思いませんでしたよ…。目押しが苦手なくせに、慣れないことはするもんじゃないですね(苦笑)。

    それと、歌詞の動きについて言及してくださるとは…!
    本当は歌詞の演出ももう少し凝ったものにする予定だったのですけど、自分のPCのスペックが低すぎてとても編集できたものではなかったので、ちょっと動かすだけのものになりました(完成が遅れたのはこのせいだったりします)。
    全体の構成ということについては、今作では一応全体のバランスみたいなものを意識してたという程度です…。この辺はこれからもっと勉強していかなければならないなと思ってます。

    ”ボロボロのシューズで”というところは、なんか自分のほうがP失格な気がしてきました…。次にやよいで作るときは、カッコイイ曲にしよう!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。