--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その5「ガンバレ」(3) トランジション処理

20:57

今回は、「ガンバレ」



の、トランジション処理について書いていきます。

先に個々のトランジションの簡単な解説をして、それから技術的なことに関する説明をします。



例のごとく長くなってしまったので、以下は格納で。




それでは、今回用いたトランジションの簡単な解説から書いていきます。前の日記でも、トランジションについて簡単に触れているので、そちらも参照してみてください。

製作日記5-1 ガンバレトランジションまとめ
今回作成(一部はお借り)したトランジション

・1つ目。黄色い四角が画面いっぱいに拡大して、それ縮小させるのと同時に新しい映像に切り替えています。黄色にしたのは、虹の7色の中では一番無難かなと思ったからです。

・2つ目。黄色と青を左右に交差させながら、次の映像に切り替えています。色の数が少ないこともあってかなりあらが目立っていますが、トランジションのほうにも注目してほしいということもあり、今作ではあえてつなぎは意識しませんでした。

・3つ目。内側から黄・赤・青の円で画面を埋めつくしてから、次の画面に切り替えています。円は四角のものよりも編集に手間がかかるので、色の数の少ないうちにと思って3番目に入れました。

・4つ目。緑・赤・青・黄の4色を4方向から中心に向かってからまた離れていくものです。この曲を歌っているのがへきるさんということもあって、ヱ○ンズボゥイのOPを少し意識していたり…。動画のコメントにあった、「PSP3000の新色」というのは、言われて初めて気づきました(苦笑)。

・5つ目。上の4色+藍色の横のラインを並べています。次のものとの対比でこのようにしました。

・6つ目。オレンジ以外の6色の帯を上下に交差させて次の画面に切り替えています。アニメ「けいおん!」で使われているものをパクr…参考にしました。

・7つ目。7色の虹を通過させるのと同時に次の映像に切り替えています。前半の見せ場のつもりで作ったけれど、ちょっと見た目の印象に欠けていたかも。もう少し太めにすればよかったのかも。

・8つ目以降のもの。今回のトランジション処理で一番見せたかったのは7色の虹のものだったので、それ以後のはなるだけシンプルなものにしました。
間奏後のオレンジのものは、一度画面全体をオレンジ一色に統一することで、ラストに向けての引き締めのつもりで。

製作日記5-3 ガンバレオレンジトランジション
静止画で見てみると、何かのアクシデントが起きたようにしか見えない…

星が降り注ぐのは、この曲の一番の盛り上がり部分に合わせて。ちなみに、この部分は同じ素材を3つ、時間と座標をずらして使っています。
最後の白は、その直前の「あふれる未来が待っている」という歌詞に合わせてこの色にしています。どうも自分は「白=未来」というイメージが強いので。



では続けて、トランジション処理の技術的なことについて書いていきます。ここから先はNiVEでの動画編集に興味がある人向けの内容なので、そっち方面にあまり興味のない方は適当に流し読みしてください。


前の日記(ステージ背景演出についての記事)でも言いましたが、このトランジションの作成にはNiVEの「マスク機能」を使いました。
マスクに関しては、下の動画で詳しく説明がされているのですが、ここでも一応カンタンな説明をしておきます。



今回使ったマスクは、NiVEのエフェクトメニューにある、「マスク(基本図形)」です。このマスクでは、マスクする図形を「四角」か「楕円」のどちらかで、大きさや座標、それに図形の内側と外側のどちらを抜くのかを指定することで、マスキングします。

製作日記5-3 ガンバレマスクのプロパティ
マスクエフェクトのプロパティ

製作日記5-3 ガンバレ内外マスク
上: 図形を楕円にして内マスク。図形の内側が抜ける
下: 図形を楕円にして外マスク。図形の外側が抜ける


このマスクでは、大きさや座標を自由に変えることができるので、今回のトランジションの作成にはそれを活用しました。


ではこれからトランジションをどう作ったのかを具体的に書こうと思いますが、さすがに全部は書けないので、4番目と7番目のものについて説明します。

まずは4番目のトランジションについて。左上の緑のもので説明します。
最初に緑のカラーオブジェクトを作成してタイムラインへ追加し、不透明度を50%に設定。

製作日記5-3 ガンバレ緑カラーオブジェクト
緑のカラーオブジェクト

次にトランジションを始めるところから、位置とアンカーポイントを左上にして拡大・縮小させました。

製作日記5-3 ガンバレ緑カラーオブジェクトスケール変更
単色なので、拡大と縮小で移動しているように見せることができる

NiVEのマテリアルプロパティの、アンカーポイントと位置については、以下の動画で詳しく解説されているので、そちらを参照してみてください。



それから、この緑のカラーオブジェクトが縮小する動きに合わせて、前の画像を消していきます。やり方は、マスク(基本図形)エフェクトを、消したい映像に追加して、外マスクにしてカラーオブジェクトと位置・サイズが全く同じになるように値を設定しました。

製作日記5-3 ガンバレ緑部分映像マスク設定
緑のカラーオブジェクトと映像のマスクの大きさをぴったりに合わせる。値の設定の仕方が違うのでややこしいが、最初と最後をぴったり合わせればOK…なはず

こうすれば、緑の部分が小さくなっていくのと同時に、下から次の映像が現れるようになります。
でも、このままだと緑のカラーオブジェクトが縮小を始めたときに、画面左上以外の映像がいきなり消えて次の映像が見えてしまいます。

製作日記5-3 ガンバレ緑部分縮小画像
外マスクを使っているので、抜けて欲しくない部分まで抜けてしまう

そのため、赤・青・黄の部分のために切り替え前の映像を3本タイムラインに追加して、そのそれぞれで緑のときと同様の設定をしました。

製作日記5-3 ガンバレ4色トランジションのタイムライン
4色のカラーオブジェクトに合わせて4本の同じ映像が必要


続けて、今回のトランジションの主役、7色の虹についての説明をします。
このトランジションにはマスクの基本図形に楕円を使っていますが、四角のときと違うのはカラーオブジェクトにもマスクを使っているという点です。

ここでは一番外側の赤色のものに絞って説明していきます。
まず、512×256のカラーオブジェクトをタイムラインに追加したら、マスクを2つこのオブジェクトに追加し、マスク図形を楕円に設定。

製作日記5-3 ガンバレ虹赤色マスク
2つの円形のマスクで、アーチ型を切り出す

そして、1つ目のマスクで赤色の外側を抜き、2つ目で内側を抜いて、アーチの形を切り抜きました。

製作日記5-3 ガンバレアーチ形切り出し
アーチの外側は外マスク、内側は内マスクで抜いている

それから、マスクのサイズを大きくしていくことで、虹が左から右へ移動しているように見せています。

これらの設定を7色分行って、最後に紫の内マスクと切り替え前の映像に追加した内マスクをぴったり一致するように合わせて、虹が通り過ぎたあとに次の映像が見えるようにしました。

製作日記5-3 ガンバレ虹トランジション
こうして作った演出も、数秒で通り過ぎてしまう…


ほかのトランジションも(星は借り物なので除く)、こんな感じで作りました。結構手間のかかる作業でしたが、それなりに楽しみながら作れたかなと思います。同じようなものはしばらく作りたくないですが…。


------------------------------------------------


次回作については、アイドルと曲は決めているのですが、その他のことはまだほとんど決まってません。今のところは7月の上旬には完成させたいと思っているのですが…。


それでは。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。