--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その7 「ライオン」 (2) 演出

05:55

今回は、



の演出の解説を書いていきます。

記事の内容はネタバレそのものなので、まだ動画を見ていらっしゃらない方は先に視聴されてから読むことをお勧めします。


以下、格納で。
 
 
 
今回は、曲を聞いたり歌詞を読んでみたりしても演出の方向性がなかなか定まらなかったので、演出に関しては、「見ていて楽しいと思ってもらえるようなもの」を目標にしました。
ですが、のっけから白状すると、今作は構成をあまり考えずに見切り発車で作り始めたので、演出もその場その場で考えて作ったところが多いです。良い言い方をすれば直感を頼りに演出を付けていった、悪い言い方をすればその場の思いつきで作っていった、ということになりますか…(スミマセン…)。

なお、編集の技術的なことは次回以降に書きます。



では、冒頭から順に解説をば。


▽序奏
冒頭ではアイマスのロゴを表示させていますが、ただ表示させるだけではつまらないので、NiVEのレンダラをOpenGLにして、演奏に合わせてくるくる回したりしています。

製作日記7-2 冒頭ロゴ
ロゴはどこへ飛んでいくのだろうか…?

それから貴音・雪歩のlong視点の映像を続けてフェードイン・アウトさせています。
ここでそれぞれ一人で広いステージにいるというところを見せて、貴音と雪歩が別々のステージにいるという認識を持ってもらうようにしています。

製作日記7-2 冒頭雪歩
背景はグリーンバックで抜いています。詳細は次回書きます


▽Aメロ・Bメロ
Aメロ・Bメロの各ソロでは三角のマスクで切り取った映像を回しながら動かしています。

製作日記7-2 Aメロ貴音
背景の画像は「森で蝶が乱舞」の歌詞に合わせていたり

このような演出にしたのは、アニメOPを意識してというのと、mid・long映像では書き割り背景の外側が映ってしまうところがあり、それを隠すためにトライアングルの枠内だけに映像を映すようにしているからです。

製作日記7-2 Bメロ雪歩MAD画像
雪歩ソロの映像

製作日記7-2 Bメロ雪歩元画像
元の素材の映像。右側が書き割りから外れているので、三角マスクの内側だけを映すようにしている


そのあとのユニゾン(二人が一緒に歌っているところ)は縦画面の映像を使っています。ピンクと緑の線で区切って映像を左右に並べているのは、縦画面で手が画面外に出てしまっているところをごまかすためもあります。

製作日記7-2 Bメロユニゾン
貴音が左・雪歩が右なのは、アニメOPの映像に合わせるため


サビ直前のところは、NiVEのOldFilmエフェクトを使っています。
ここの部分を聞いたときの自分のイメージがこんな感じで、それをそのまま表現してみました。けっこうイメージどおりにできたかなと思ってますが、完成したのを見るとこの部分だけ浮いてますね…。

製作日記7-2 サビ直前
自分的には結構気に入ってる演出なのだが…


▽サビ
サビ前半はmid視点、後半は縦画面の映像を使っています。

また、振り付けは二人とも「フタリの記憶」を使っていますが、サビラスト以外はあえてそれぞれ別の振り付けを当てています。こうしたのは、各ソロで歌詞に合う振り付けにしたかったというのと、別の振り付けにすることで二人が別のステージで踊っているということをここでも印象付けておこうと思ったからです。まぁ、逆に別のステージにいるように見せているから違う振り付けを付けられたともいえるのですが…。

製作日記7-2 サビ前半
サビ前半。上下逆のほうが良かったかもと今になって思っていたり

製作日記7-2 サビ後半
サビ後半。雪歩ソロは貴音のより短いので、貴音は早めに画面外へ…

製作日記7-2 サビラスト
サビラスト。横・縦と来たら次は斜めっと…


▽間奏
今回は間奏で曲名等を表示しています。これは貴音ソロからラストまで間髪入れずに行きたかったからというのと、ただ単にここの振り付けを考える気力がなかったという(ホントスミマセン…)理由からです。

製作日記7-2 間奏曲名等表示
曲名が水色なのは、CDジャケットの文字の色と合わせるため


間奏後半のカットインは、まぁうまくはまってくれたかなと思っています。

製作日記7-2 間奏貴音
ここの部分に合いそうな振り付け探しがけっこう大変だった…


▽貴音ソロ
ソロ後半の日食を背景にした演出は、この動画の中で一番やりたかった演出でした。ソロ前半の「光恐れてた」という歌詞を聞いたときに、皆既日食から光があふれ出す場面を背景にしようと思いつきました(ちなみに日本で皆既日食があるということを知ったのは、この演出を思いついた数日後です…)

製作日記7-2 貴音ソロ前半
貴音ソロ前半。「光恐れてた」の歌詞のところで手を顔の前にかざす振り付けにしている

製作日記7-2 貴音ソロ後半
貴音ソロ後半。逆光の演出もしてますが、それに関しては次回(か次の次)に説明します


途中で雪歩のカットインを入れているのは、ソロ前半と後半のつなぎのためです。完成したのを見ると、ここで一回途切れているせいで日食の演出がちょっと浮いちゃったかもと、今になって思います。ここはソロの最初から最後まで一本の振り付けを長回しで使ったほうが良かったのかもしれませんね…。


製作日記7-2 貴音ソロ雪歩カットイン
雪歩のカットイン。「惹かれ合った」と歌っている直後なので、ちょっとたかゆきを意識していたり…


▽ラスサビ
ラスサビ初っ端から雪歩が床から出てくるという演出をしています。このMADで一番お気に入りの演出です。
この動画を作り始めるときには雪歩を床下から登場させるという演出をすることを決めてましたが、具体的にどうやるかについてはなかなか決められないでいました。それで動画の前半でトライアングルの演出を作っているときに、「トライアングルから出てくるようにしよう」と思いつきました。

製作日記7-2 ラスサビ1雪歩合流演出
この床、どうなってるの?

前半で二人を別々のステージにいるように見せて、この時点で同じステージに合流するようにしたのは、最初から最後まで同じステージに二人が立っているように見せるのは難しいと思ったからというのと、二人が同じステージの上で歌っているというのがこうすることでより際立つのではないかと思ったからです。


雪歩ソロ終わりの星型のトランジションは、もちろん「星間飛行」のキラッ☆をイメージしてのものです。

製作日記7-2 ラスサビトランジション1
キラッ☆


そのあとのFirstStageの背中合わせの振り付けも、この動画でぜひともやりたかった演出の一つです。
ここでは縦画面の映像を使っています。最初二人の映像を並べたときに雪歩の頭がやけに大きく見えるなぁと思ったのですが、どうやら縦画面のときにはアイドルの大きさを画面サイズに合わせているらしく、身長が貴音より低い雪歩は少し拡大表示になっているようでした。ですので、この部分は貴音の映像を1.1倍くらいに拡大しています(公式設定では貴音の身長は169cm・雪歩は154cmで、貴音は雪歩の約1.1倍の高さなので)。

製作日記7-2 ラスサビFirstStage振り付け
身長差を出すために縦方向の配置も調整。15cm差ならこれぐらいかと


サビ3つ目途中のトランジションは、青色のトライアングルにしています。この部分で二人が「君を愛している」と歌っているので…。

製作日記7-2 ラスサビ3青トライアングル
左雪歩・右貴音にしているのは、直前の二人の背景と合わせるため


そしてラスサビの最後は手描き風エフェクト。また手描き風エフェクトかよ!ととりあえず自分に突っ込みを入れておきます…。この部分は他にいいアイデアがなかったもので…。でもただ手描き風エフェクトを使うだけではなくて、エフェクトをかける前の映像から手描き風エフェクトの映像に徐々に変わっていくようにしています。

製作日記7-2 ラスサビ3手描き風エフェクト
ここも振り付け探しが大変だった…


▽終奏
編集で一番悩んだのは、実はこの部分だったり…。曲名等の表示を間奏に持っていってしまったので、ここの部分の映像を決めるのにかなり試行錯誤しました。

製作日記7-2 終奏
ワイプ処理をかけることで何とかごまかしている…

製作日記7-2 ラスト
ラストの締め。貴音の振り付けはFirstStageの振り付けを反転させているのではなくて、relationsの振り付けを使っている



以上、今作の演出の解説を終わります。演出に関しては見ていてそれなりに楽しめるものになってくれたのではないかなぁと思うのですが、完成した動画を見直すと、やっぱりもっと構成を考えてから作るべきだったかなぁと反省しています…。



次回は、編集の技術的なことについて書いていきます。分量的にたぶん2回ぐらいに分けることになると思います。


では。



補足:
動画内の冒頭・ラスト等で使っている星空の画像は、

Fly above the Earth
http://www.flickr.com/photos/vitroids/3033329561/sizes/o/

のものを使わせていただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。


コメント

  1. 悪来(仮) | URL | 56hFMYbw

    いつもながらの詳しい解説、お疲れ様です。
    毎回興味深く拝見させてもらってます。

    こうして見ていくと、自然すぎて視聴者側目線ではやはり気付いてない箇所があったりしますね。
    特に貴音と雪歩の身長差なんて全く気が付いてませんでした!単に抜いて並べただけではこの自然さは表せないんですね。

  2. 藪柑子 | URL | WaX/Ljjs

    コメント、ありがとうございます!

    身長差の表現といったものは、正確にやったところで演出のプラスになるものでもないのですが、見ている人はそういったところで違和感を感じてしまうと、もうそれだけで見る気を失くしてしまうものだと思っているので、なるべくそういう点は気をつけて編集するようにしています。

    でも編集しているときには、演出をどうしようかということに気が行ってしまうものなので(苦笑)、こういった普通に見ていたら気づかれないようなところでもしっかり注意して、今後も動画制作をしていけたらいいなと思います。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。