--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その9 "Snow Rain" (3) 口パク修正

00:00

それでは、



の口パク修正に関して書いていきます。



以下、格納です。






自分はMAD-PVを作るときは、基本的に振り付けとダンスシンクロを重視していますが、口パクも合わせられるところでは合わせるようにしています。…とは言っても、これまで口パク修正なんぞできるわけもないSP素材で動画を作ってきたので、まともに口パクの修正をしたのはこれが2作品目なんですけどね(苦笑)。

口パク修正をした1作品目というのが、



上の箱○素材を初めて使った作品で、これの製作日記で口パク修正に関して書くつもりでしたが、他にいろいろ書いてしまったのでそのときは割愛してました。ですので、今回は口パク修正に関して書いていこうと思います。



「口パク修正」と大々的に書いてはいるのですが、やっていることは、耳で聞いていて明らかに歌っていないのに口が動いている映像のところを、口が閉じているものに差し替える、ただそれだけです。大したことはやっていないんです(汗)。

具体的には、
素材をキャプチャするときに、ふつうに録ったものの他にもう一つ、Vocalを全てOFFにしたものを用意し、編集時にこの2つの素材をタイムラインに追加します(VocalOFFのをタイムラインの下に置く)。
それから振り付けが1フレームもずれないようにぴったりと合わせて、歌っていないときに口が動いてしまっているところをVocalOFFの映像に差し替えることによって、歌っているところは口が動いているように、逆に歌っていないところは口を閉じるようにします。

画像クリックで拡大画像を表示
(画像クリックで拡大)
タイムラインの上にある口パクのある映像の表示・非表示を切り替えて下のタイムラインにあるVocalOFFの映像を見せることで、口パク修正をしている。
なお、画像では説明のために、不透明度が100%のところを色付け。タイムラインが白いところは不透明度が0%で、下のVocalOFFの映像が表示される


こうすれば、いくらか口パクが合っているように見せることができます。


もちろんこの方法で口パクが合っているように見えるかというとそういうわけでもなくて、口の開く大きさの調節ができない、口が開いているところと閉じているところが不連続に見えるなど、問題点はいくつかあります。でもやらないよりやったほうがいいだろうということで、up視点やmid視点の映像で修正できそうなところはなるべく修正するようにしています。


ちなみに今回の動画では、ステージのmid視点でも同様の方法で口パク修正をするつもりだったのですが、床のスモッグの動きが不連続になってしまう(どうやらスモッグはランダムで形や動き方が変わるらしい)ので、口パク修正はあきらめました(涙)。



あと補足。
上の説明を読めばお分かりかと思いますが、この方法では、耳で聞いて明らかに歌っているのに口が動いていないという場合の口パク修正はできません…。
こういうケースのときは、口パクがあるような別の振り付けに差し替える、口の部分が見えにくいlongやsuperlong視点に差し替えるなどしてごまかしましょう(苦笑)。

ちなみに今回の動画でもこのケースがあって、口が動いていない映像のタイムラインの上に口パクのある映像を置き、上の映像の口以外の部分をマスクで抜いて、口の部分だけ動くものに差し替えるという力技をやっているところがあります…。この方法は口の位置の調整などが非常に面倒なのでさすがに薦められません…。

製作日記9-3 口をマスクで抜いたところのタイムライン
口が動いている映像をタイムラインの上に持ってきて、マスクで抜くことによって口の部分だけ修正している

製作日記9-3 口をマスクで抜いたところの映像
動いている口の部分だけを切り取って重ねている(説明のために下の素材の透明度は50%にしています)


あと、このマスクを使った方法で、口が開き過ぎているところを少し開いているものに差し替えているところも1か所あったりします…説明は割愛しますが



以上、期待外れな内容だったかもしれませんが、自分は今後も箱○素材でMAD-PVを作るときにはこんな感じで口パク修正できるところはしていきたいと思ってます。






次回作は千早誕生祭動画の予定です。でも、3月3日にupを予定している(でも現在進捗は0%…)1周年記念動画がものすごく時間がかかりそうなので、もしかしたら千早誕生祭動画は作らずに、1周年動画を千早誕生祭動画も兼ねたものにするかもしれません(1周年動画も千早メインなので)。なるべくそうならないように頑張りたいところなんですけどね(苦笑)。


では。


コメント

  1. レスター伯P | URL | -

    僕も口パクは気になっちゃうので、off-vocalは使いますねえ。
    でもマスクは大変だからまだやってなかったんですが、
    やっぱりやるべきかなあと思い知らされたなあw
    でも、一フレーム単位の修正って大変だけど、
    なんか変に充実感あるから、やりだしたら止まらないんだろうなあ・・・



  2. 藪柑子P | URL | SZGktgZg

    >> レスター伯P
    コメント、どうもです。

    > やっぱりやるべきかなあと思い知らされたなあw
    マスクは本当に面倒なので、どうしても気になるとき以外はなるべくやらないほうがいいと個人的には思うんですけどね…。

    > なんか変に充実感あるから、やりだしたら止まらないんだろうなあ・・・
    そうなんですよね…こだわりだしたらきりがないですね。どの辺までこだわるか、動画を作るたびに悩まされますw

  3. にゃんこD | URL | SFo5/nok

    参考になります。

    丁度1本動画を作っている最中なんですが、「どうしようかな~」と思った時は
    いつも拝見させていただいています。
    技術的な解説がありがたいのは勿論ですが、制作裏話みたいなのも聴けていいですね。

    さて、これを見てしまったからには恥ずかしいものは作れないぞ、と自分に
    追込みかけつつ制作に勤しみます。

    成果は新作で!…出てるといいなぁ。

    では。

  4. 藪柑子P | URL | SZGktgZg

    >>にゃんこD
    こちらこそ読んでいただき、ありがとうございます!

    > 技術的な解説がありがたいのは勿論ですが、制作裏話みたいなのも聴けていいですね
    こういう記事を書くならもっとおもしろいことをいろいろと書きたいところですが、なかなかそうはいきませんね…。でも、そう言っていただけるだけで、書いたかいがあります。


    > 成果は新作で!…出てるといいなぁ。
    楽しみに待ってます!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。