--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記 その3 「シンシア・愛する人」 (1) 手描き風エフェクト(AnimEffect)

16:24

この間upした動画



たくさんの視聴とマイリス登録、ありがとうございます。提供までしてくださる方がいて、とても驚いています。本当にありがとうございましたm( _ )m


今回はこの動画製作の際に用いた、nmlPの手描き風エフェクト・AviUtlプラグイン「AnimEffect」について書きたいと思います。


このプラグインの存在は、



を見て知りました。今作ではこの動画で紹介されている追加機能のモード=5でエフェクトをかけています。

このプラグイン、実際に使ってみるとわかるのですが、パラメーターの数がかなり多いです。

製作日記3-1 AnimEffect設定画面


しかし、これらのパラメーターのうちの多くは輪郭線の描画に関係するもので、ライン描画をしなかった今回、調節したパラメーターは、モード、VFlag、更新間隔、拡大率、彩度、明度ぐらいです。

実際にパラメーターの値ををいくつに設定して作ったのかを書きたかったのですが、値をメモするのを忘れてました(スミマセン)。わかる範囲で書いておきます。
まぁ、この値はキャプチャ環境や選んだステージ、衣装などによって、またどんな演出をしたいかによって変わってくるものなので、ここでの値はあくまで一例ということで参考程度のものとして見てください。


パラメーターの値は部分部分で変えています。最初から間奏の終わりまでは、VFlag=-10、傾き=-100、拡大率は20%ぐらいにしています。
この拡大率ですが、デフォルトの100%のものだと、線(パターンNo.は0にしています)が大きすぎてそのままではちょっと使いづらいです。

製作日記3-1 AnimEffect拡大率100-50-21
上から拡大率100%、50%、約20%

ですので、拡大率を下げています。なお、このプラグインを使ってみてしばらくはこの拡大率のパラメーターの存在に気づかなくて、自分でimgフォルダにある画像から75%、50%、25%にしたものを作ってそれで見た目がどう変わるのかを試していたので、実際には25%に縮小した画像のものをさらに80%程度に縮小したものを用いました。

間奏後の口元のアップと最後の笑顔のところは、拡大率とVFlagの値を大きめにしています。特に最後は背景が白いですが、抜いたわけではなくて、VFlagの値を大きく(ここでは5ぐらいに)したら勝手に抜けるのを利用しました…。

製作日記3-1 AnimEffect笑顔
この背景は勝手に抜けたんです…。


次にフレームレート(fps)について。このエフェクトは画質を手描き風にするものなので、普通の映像と同じようにフレームレートを30fpsのままにすると非常に違和感があります。というわけでフレームレートはわざと落とすわけですが、その値については実際に6,10,12,15fpsで試してみました。どれぐらいの値がいいかは見る人によってさまざまだと思いますが、自分はカクカクには見えないけど注視すれば不連続に見えるぐらいの値にしようと思い、12fpsにしました。10fpsのほうが動画を作成するのには都合がいいのですが…。

フレームレートと関係してくるのがエフェクトの更新間隔について。デフォルトだと1フレームごとにエフェクトがかかっていくようになっているので、12fpsでもエフェクトがかかりすぎなように見えます。というわけで数フレームごとにエフェクトを更新するようにするのですが、この値の決め方に関しては手描きイラスト風な、ARIA第1期EDの映像を参考にしました。


ようつべから。こっちのほうがニコニコにあるのより画質等がいいので。

調べてみると画像の切り替わりが1秒当たり5回程度だったので、今回はそれを参考にして更新間隔の値を3に(12fpsなので1秒当たり4回エフェクトが更新するように)しました。



最後にSP素材でのMAD作成におけるこのプラグインの利用について。
どうしても画質が問題になってしまうSP素材において、手書き風にすることで画質の問題そのものを無いことにしてしまうこのプラグインの存在はとても大きいものだと思います。しかしだからといって、画質の問題を解決するためにこのエフェクトをかける、という使い方はしないと思います。今回このエフェクトを使ったのは、今回作成した曲の演出に適していると思ったからですし、このエフェクトでの演出に適している曲もそんなに多くはない…というより曲の傾向が偏るので、以後のMAD製作でも毎回使うということはないと思います。
今後は部分部分の演出で使うことが主になるかなと思います。
それでもこのプラグイン、神ツールであることに変わりはないので、今後も使えるところでは積極的に使っていこうと思ってます。このプラグインを作成したnmlP、本当にありがとうございました!



次回は3作目の演出に関して書いていきたいと思います。

では。

(6/15 記事の一部の誤植を修正)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。